読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近観た映画

Queen of Katwe

ウガンダのKatweという街のスラムで暮らす女の子・フィオナが、チェスを始めることで人生を切り開いていく実話の映画化。すごく良かったです。フィオナの才能と努力も勿論凄いんですけど、何より周囲の大人、特にコーチのサポートが素晴らしかった。母親の感情描写も細かいです。夫が亡くなってから女手一人で育ててきたからこその挟持・思いがあり、チェスが何の役に立つんだっていう感覚を持つところから、大きな大会に出場するフィオナが遠くに行ってしまうような気持ちなど、丁寧に描かれていました。そして、そんなときでもコーチがうまいこと説得するのが本当にクール。脇を固める子役の演技も◎。

 

Arrival

エイリアンが12機の宇宙船で地球の様々な国に降り立ち、アメリカの女性言語学者がアメリカに降り立ったエイリアンの言葉を解読するミッションに参加するみたいなお話。観終わったあとは色々釈然としない感じがありました。特にエイリアンの存在・目的について。。ただこの映画のコンセプト・テーマを考えればエイリアンなんて本当はどうでもいいんだと思います。あくまでそのテーマを引き出すための装置でしかなくて。ただ海外だと大絶賛されてるようなんですが、個人的にはインターステラーの方がずっと面白かったかなーと。正直途中眠くなってしまった。

 

沈黙-サイレンス-

遠藤周作の本の映画化。日本でキリシタンが弾圧されていた時代、日本で消息を絶った宣教師を探しに二人の宣教師が長崎にやってくる。私は原作を読んでいませんが、読んでいた人曰くほぼ原作どおりだったそうです。上映時間がかなり長いんですけど不思議とそう感じなかったですね。内容的に重苦しく、楽しいシーンは全然ないし。。。イッセー尾形の演技は少しクスっときたけど。映画の中で出てくるセリフに、日本は沼だっていうのがあるんですけど、ああそうだよねと納得してしまった。この映画を観た後は一緒に観た人と信仰について考えたり、話し合ったりしましたね。だからって観てない人にあまりおすすめする気はおきないですが。しっかし人間は本当によく色んな拷問方法をひらめくよなあ。